定期的なメンテナンスをして、外壁塗装をして壁へのダメージを減らし、建物全体の寿命を延ばすことにもなります。

外壁の塗装がひび割れていたり、外壁が剥がれていたり、またチョーキング(手で触ると白い粉が付く)が起こっていたり…そんなダメージのある状態で長く放置してしまうと、外壁から水分が浸透することでそれが雨漏りの原因になったり、外壁のダメージだけでは済まず、内側の壁まで劣化します。

家の外壁で多い失敗は、塗装の時期を先延ばしにしたことで起きる、塗替えを怠ったために、外壁のダメージだけでなく、内側のカベまでダメージを届かせてしまうのです。

そこまでいくと、補修にも結構な金額がかさむので、外壁にクラックやチョーキングなどの異常が見られた場合は素早く外壁に詳しい業者さんに見てもらったり見積もりを依頼したりすると安心です。

外壁の塗装については、耐久年数は塗料によって大きく変わります。

ですので約10年に1度程度は塗装業者に状態を確認してもらうことも大事です。

このように定期的な点検をサボらないことによって、大事な資産である家の寿命を延ばすことが出来るようになります。

外壁塗装では、ヘアークラックや塗装の剥がれ等を程度に合わせ、塗装前に補修することが一般的です。

あまり劣化が激しくなってから、外壁塗装をする場合は、外壁自体も内部の壁そのものに影響が及んでいることもあり、部分的に壁を剥がして補修するようなこともあります。

外壁そのものにダメージが届く前に、塗替えはやや早めに考えておいた方が良いでしょう。

直射日光による屋根や外壁の表面温度の上昇を抑える遮熱効果によって室内の温度変化を軽減します。

夏の冷房効果の効率を上げ、断熱効果が高めの材料を併用すれば冬場の室温低下も防ぐことができます。

光触媒塗料や、セラミック樹脂(非常に微細な樹脂繊維)系と塗料は、外壁に付着している汚れを雨などによって、自動的に流れおとすセルフクリーニング効果のある塗料も出現してきました。

そのほうが結果的には、経済的である場合が多くなります。

家の外壁を塗り替えるときは、できるだけ多くの塗装業者に見積り依頼をし、相場を知っておくなどの工夫が必要です。

失敗に陥りやすい最大の要因は、複数社の塗装屋さんから見積りを取らずに、相場を知らない状態で外壁工事に着手してしまうことです。

同じ品質の工事をもっと安く出来る業者がいるにも関わらず、高額な施工代金を払うことになるケースがほとんどです。

外壁工事をする意味は建物の美観を保つことはもちろん、家の外壁を保護する大切な役目があります。

家自体を保護し、防水性や耐久性を上昇させる。

塗料自体の性能によって断熱効果、遮熱作用や汚れを自主的に落とす塗料まであります。

周知の通り外壁塗装は外壁の耐久性を上げる効果があります。

塗料(ペンキ)には種類があり、耐久力の低い物から高い物に目移りしていきます。

アクリル系、ウレタン系、シリコン系、フッ素系の順です。

この中ではフッ素系塗料が耐久性に優れ、雨、風、日光の影響を最も受ける、屋根材の塗料として使用されることが多くなりました。

一般的に最もポピュラーな塗料といえば、耐久力と値段のバランスの良いコスパが優れたシリコン系塗料です。

外壁は素材の違いにより、湿度が高くなると弱るものも存在します。